これからの税理士に必要なことを考えよう

これから税理士を目指そうと思っている人に向けての参考サイト

税理士として生き残るために必要なこと

税務だけではない!企業が求めているもの

賢い会計ソフトの登場と、進化する人工知能の導入により、税理士にとっては、今後益々厳しい状況になることは間違いないと思いますが、それでも努力次第で、今まで通り、または今まで以上に活躍できる税理士になる道も残されています。
今まで、企業が税理士に求めていたことは、正確且つ迅速な税務処理が主なものでしたが、不況の影響により、顧問税理士を雇わず、企業内で専門部署を設けて対応するところが増えてきました。
それが、この市場が斜陽産業である現状となり、新たな顧客獲得と企業の新しいニーズに応えることが必要となってきています。
これからの企業ニーズとは、今までの業務だけでなく、企業の総合的な発展を目指す姿勢が求められます。
納税の過程で、企業に対して様々な提案をし、貢献することは、企業にとっては手放せない税理士となるでしょう。

税理士の中で勝ち組になる方法とは

斜陽産業と言われ、将来が危ういと言われ始めた税理士ですが、その中でも必要とされ、生き残る税理士が必ず現れます。
それは、顧客ごとのニーズに細かく提案し、専門知識を武器に発展的に対応できるかが、1つのカギとなるでしょう。
近い将来、人工知能が普及されれば、専門知識のない人にでもロボットやコンピュータに委ねられるようになり、今までの税理士経験や専門知識は、不要になる局面に立たされます。
そんな中で、生き残るためには、人工知能を活かすスキルと人工知能にはできない分野を強化することです。
人工知能が導入されると、それを駆使できるスキルが必要となります。
通常、エンジニアのスキルですが、それを身につけた税理士がいれば、依頼が集まるでしょう。
また、ロボットにはできないコミュニケーションスキルの向上もポイントです。
コミュニケーションで信頼関係が構築できれば、人工知能にはない価値として必要とされるでしょう。


このコラムをシェアする